KANTO INTERNATIONAL SENIOR HIGH SCHOOL

学校法人関東国際学園 関東国際高等学校

>アクセス案内>お問い合わせ | LANGUAGE :English
学校法人関東国際学園 関東国際高等学校

受験生の方在校生・保護者卒業生の方へ

HOMEKANTOについて校長挨拶
menu ▼

校長挨拶 / Message from the Principal

関東国際高校のホームページにようこそ

校長挨拶 Greetings from the Principal

翻訳はこちら

photo

Gokigenyo

Allow me to introduce myself, my name is Daryoosh Matsudaira and I was newly appointed principal in April, 2020. In the more than 20 years I have worked at Kanto International Senior High School, I have dedicated myself to the development of International programs including the World School.

Our school has long been committed to the development of International understanding through foreign language education. Since the establishment of an English language department in 1982, we are the first and only school in Japan to have added courses in Chinese, Russian, Korean, Thai, Indonesian and Vietnamese, currently offering 7 language courses.

We are founders of a unique International organization called the “World School” consisting of 21 member schools located around the world and have recently included long-term exchange programs between its member schools.

In addition to our Shibuya main campus, students enjoy a vast, nature filled campus located in Katsuura, Chiba. In Katsuura, Kanto students participate in experiential learning, one of the pillars of our education, through various cultural and intercultural experiences, agricultural activities and lifelong sports such as horseback riding.

Having benefited from the unique learning experiences offered by our school, our alum have gone on to use their intercultural skills in positions of leadership in countries located around the world. As Principal, my mission is to build on and further develop the international education offered by our school. My experienced staff and I are both prepared and excited to take on this challenge and be a part of your learning experience.

Kanto International Senior High School
Principal
Daryoosh Matsudaira

新校長挨拶

みなさん、ごきげんよう。

このたび、令和2年4月より校長に就任しました松平ダリウスと申します。
よろしくお願いします。
私は本校に入職して20数年になりますが、その間、主に世界教室をはじめとした国際交流事業を担当してまいりました。

ご存じの通り、本校は長くにわたり外国語教育と国際理解教育の充実に力を入れてきました。
1982年英語科設置に始まり、中国語、ロシア語、韓国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語の各コースを順次開設し、現在7つの外国語コースを有する日本唯一の高等学校となりました。
また、本校独自の国際理解教育プログラムである「世界教室」を通じ、世界各国に21の提携校を持つに至り、単なる異文化理解教育の域を超え、生徒たちが提携校間を行き来する長期交換留学も始まっています。
また、本校は渋谷の都心キャンパスに加え、千葉県勝浦市に広大な勝浦キャンパスを持っています。
自然豊かな環境で、生徒たちは様々な文化体験学習や農業実習、乗馬などの生涯スポーツを宿泊しながら学ぶことができます。
勝浦キャンパスで実施される体験型学習は、現在、本校の学びの大きな柱となっています。

これらの本校独自の豊かな学びを通して、数多くのグローバル人材が輩出され、現在世界各地で目覚ましい活躍をしています。
新校長として私に課せられた責務は、国際高校としての本校の輝かしい歴史と伝統を継承し、さらなる発展へと導くことだと確信しています。
この大きな目標に向け、教職員一同精一杯頑張ってまいりますので、ご支援・ご協力をお願いします。

関東国際高等学校
校長
松平 ダリウス

本校のあゆみ

1924年(大正13年)4月松平濱子により、東京府下淀橋角筈十二社416番地に関東高等女学校創設
1946年(昭和21年)4月学制改革にともない学校名を関東女学園中等部と改称
1948年(昭和23年)4月関東女学園高等部を併設
1950年(昭和25年)4月附属すみれ幼稚園を併設
1955年(昭和30年)法人学校名を関東学園女子高等学校と改称
1967年(昭和42年)4月法人名を関東女学園、学校名を関東女子高等学校と改称
1969年(昭和44年)4月伊勢丹百貨店と提携し実習クラスを設置
1979年(昭和54年)10月アメリカ合衆国テネシー州のリンカーン・メモリアル大学と提携
1982年(昭和57年)4月英語科設置
1984年(昭和59年)4月演劇科設置
1985年(昭和60年)4月中華人民共和国の蘇州大学と提携
1986年(昭和61年)4月法人名を関東はま国際学園、学校名を関東国際高等学校と改称
英語科を外国語科英語コースと改称
外国語科中国語コース設置
外国語科・演劇科男女共学実施
1988年(昭和63年)6月中華人民共和国の北京語言文化大学と提携
1990年(平成2年)7月ロシアのウラジオストク市にある極東国立総合大学と提携
1991年(平成3年)3月中華人民共和国北京大学と提携
1991年(平成3年)4月外国語科ロシア語コース設置
1993年(平成5年)4月千葉勝浦研修施設一部完成、校外学習開始
1997年(平成9年)第1回世界教室開催
1998年(平成10年)4月法人名を関東国際学園と改称
普通科男女共学実施(全学科共学)
1998年(平成10年)5月台湾の台中にある宜寧高級中学と提携
1998年(平成10年)9月イギリスのケント州にあるインヴィクタ・グラマースクールと提携
1999年(平成11年)3月オーストラリアのクイーンズランド州にあるセントポールズ・スクールと提携
2000年(平成12年)4月外国語科韓国語コース設置
2003年(平成15年)4月文部科学省「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール」に指定
2004年(平成16年)4月外国語科英語コースに海外大学留学クラス設置
2005年(平成17年)4月普通科理系コース設置
2007年(平成19年)4月外国語科 タイ語コース・インドネシア語コース・ベトナム語コース設置
2018年(平成30年)4月 普通科を文理コースと日本文化コースに再編
page top