>アクセス案内 >お問い合わせ | LANGUAGE : English

学校法人関東国際学園 関東国際高等学校

受験生の方在校生・保護者卒業生の方へ

ホーム > 入学案内 > 中学生作文コンテスト

中学生作文コンテスト

willbe-外国語でつながる私の夢-

課題(テーマ)

日本語作文部門 will be -○○語でつながる私の夢-
英語エッセイ部門 How studying ○○○ will help me achieve my dream

中学生の皆さんは、いまどんな夢を持っていますか?それぞれの夢の実現に向けて、きっと毎日を頑張っていると思います。私たち関東国際高等学校は、皆さんの夢の実現の架け橋になることを願い、さまざまな外国語教育をおこなっています。英語はもちろん、中国語・ロシア語・韓国語・タイ語・インドネシア語・ベトナム語といった日本の近隣諸国の言葉も学ぶことができる、とてもユニークな学校なのです。
外国語を学ぶことは、皆さんの将来への扉を開く大きなきっかけとなるはずです。しかし、外国語を学ぶことはそんなに簡単なことではありません。ときには面倒で嫌になることもあるでしょう。でも、私たちは皆さんに負けずに頑張って欲しいのです。そんな頑張っている皆さんを応援する思いを込めて、毎年、この作文コンテストを実施しています。
さあ、皆さんはどんな言葉を選び、外国語の学習を夢につなげていくのでしょうか?皆さんの希望と夢を私たちに語ってください。たくさんのご応募を心よりお待ちしています。

「KANTO 中学生作文コンテスト」も今年で10回目を迎えることができました。そこで、第10回記念として新しいテーマを2つ設けました。是非、こちらのテーマもチャレンジしてみてください!
課題(テーマ):「私の好きな日本文化」「地球環境問題」

昨年度授賞式の様子

審査員の先生方と受賞者の皆さん

昨年度グランプリ作品

●日本語作文部門●

亀井 美佳さん

 私の両親は中国人で、私は幼い頃から中国語と日本語の両方の言語の中で生活をしてきました。だから今では中国語と日本語の両方を話すことができます。私はそんな環境で育ってきて良かったと思っています。しかし、つい最近までは中国語を話せること、自分が中国人であることを恥ずかしく思い、隠していました。なぜなら、日本に来た中国人はマナーやモラルを守らない人が多く、さらに尖閣諸島の国有化によって日中関係が急激に悪化したからです。学校では、友達がそのことをニュースなどで知り、私が中国人だと知らずに、「中国ってやだよね」と話してきます。私はその度に悲しく、恥ずかしくなりました。
 しかし、学校の授業で自分の将来のことについて考えました。自分は何ができるのか、何を学んできたのかを振り返った時、一番に考えたのは他人にはなく自分にある中国語の知識でした。嫌いだと思っていたのに、やはり、自分の中では大切なものだとそのときに感じました。だから中国語を活かせる通訳になりたいです。  私が初めて持ったこの夢について一番に相談をしたのは担任の伊藤先生です。通訳になりたいと話すととても嬉しそうに「良い夢を見つけたね」と言ってくれました。そして伊藤先生は中国にはとても長い歴史があり、その歴史がある中国が大好きだと胸を張って言っていました。私も自分が中国人だと誇りをもって胸を張れるようになりたいと強く思いました。日本の文化だけでなく中国の文化も学び、中国語を一から学び直し、どんな人とでも楽しくコミュニケーションのとれる立派な通訳になりたいです。そのために、中国のテレビ番組や家族との会話など身近なことで言葉の表現を学び始めています。


●英語エッセイ部門●

Mina Nishizawa

 I have a 75 years old grandfather who I can be proud of. He is very good at speaking English. After his retirement, he went to foreign countries and, through English, continues working.
 One day, I talked with a foreigner directly for the first time when the French friend of my grandfather came to Japan. It was difficult to talk with a person different in both the face and the language, and I was scared. However, my grandfather talked with his friend smoothly and gracefully. I thought that he was very cool.
 When I became a Junior high school student, English became a new subject for me. There is an English conversation class. Now I have many opportunities to practice English. So I can speak English little by little, and I think that English is one rope joining people together. English is very important for politics and business, so we can do nothing without English in these fields. In addition, a conversation doesn’t go on if there isn’t an interpreter even if a foreign entertainer appears on TV. In this way, English is essential for all countries. Learning a foreign language makes my mind rich, gives new knowledge, and provides an attractive life to me. I can’t live if there isn’t communication with a person. There is love, friendship, trust, and speech, which joins people together.
 Unfortunately the language barrier is big. How can I break it? I think that I must study more and more, and try to communicate with many people. I may think that it is very simple, but that it is an activity for my future. But I have not decided my future job yet, I want to be able to communicate with many people.
 For this dream, I will try to make the effort for each subject and I want to go for my dream!

募集要項

応募資格
国内/国外在住の中学生

募集期間
2015年8月1日(月)~9月30日(金) ※必着

提出先
〒151-0071 東京都渋谷区本町3-2-2
関東国際高等学校「KANTO 中学生作文コンテスト」係

審査員
境 一三先生 (慶応義塾大学経済学部教授)
臼山 利信先生 (筑波大学人文社会系教授)
山崎 吉朗先生 (一般財団法人日本私学教育研究所)
ジェームズ ハーマン (関東国際高等学校校長)

主催
関東国際高等学校

協賛
カシオ計算機株式会社

受賞発表
10月下旬に受賞者本人に通知します。

授賞式
2015年11月12日(土) 午後、本校にて行います。

各賞及び賞品

 


応募方法

①応募用紙
指定の応募用紙(パンフレットに添付された応募用紙、もしくは下記の応募用紙をプリントアウト)に必要事項を記入してください。
 応募用紙はこちら

②作文・エッセイ
<日本語作文部門>
1.タイトル

必ずタイトルを記入してください。
「will be -○○語でつながる私の夢-」 「私の好きな日本文化」 「地球環境問題」
○○の部分には特定の言語(英語、韓国語等)を入れてください。
2.用紙・字数
市販の400字詰めB4原稿用紙(縦書・横書いずれも可)に日本語で記入してください。字数はタイトルを除いて600~800字とします。

<英語エッセイ部門>
1.応募資格

A: 日本国内のみで教育を受けた、英語を母語としない中学生。
B: 海外に1年以上滞在したことがある、または英語を母語とする中学生。
2.タイトル
「How studying ○○○ will help me achieve my dream」
○○の部分に特定の言語(English, Chinese等)を入れてください。
3.用紙・字数
手書き、パソコン、ワープロ使用のいずれの場合もA4版の用紙をタテに使用し、横書きにして作成してください。最初の行にタイトルを入れてください。ワード数は次の通りとします。
A:200ワード以内 B:250ワード以内

以上の①②を上記提出先へ郵送してください。

注意事項
(1)応募は1人1作品とします。
(2)応募作品は未発表のものに限ります。
(3)応募作品は返却しません。作品は各自複写して控えをとっておいてください。
(4)応募作品の著作権は、主催者に帰属します。
(5)審査に関する問合せには応じられません。

お問合せ先
関東国際高等学校 「KANTO 中学生作文コンテスト」係
TEL 03-3376-2244

中学生作文コンテスト応募用紙

応募用紙(PDFファイル)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイトをご覧ください。

2016年6月30日更新

 KANTO INTERNATIONAL SENIOR HIGH SCHOOL

関東国際高等学校

〒151-0071 東京都渋谷区本町3-2-2
TEL.03-3376-2244 FAX.03-3376-5386

© KANTO INTERNATIONAL SENIOR HIGH SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED.

↑