>アクセス案内 >お問い合わせ | LANGUAGE : English

学校法人関東国際学園 関東国際高等学校

受験生の方在校生・保護者卒業生の方へ

HOMEKANTOについてタイ語・インドネシア語・ベトナム語

将来役立つタイ語・インドネシア語・ベトナム語が
学べるKANTO

タイ・インドネシア・ベトナムの学び

東南アジアの言語を学ぶなら今がチャンス!

今後ますます注目度が高まり、やがて世界経済の中心になると言われているのがアジア近隣諸国。東南アジアの言語を話せる人が不足している今こそ、これらの言語を学んで将来性を広げよう!

NEWS

コース概要

タイ語

タイ語は声調をともなう発音と独自の文字が特徴です。日本人にとって習得が困難とされてきましたが、本コースでは独自の教育プログラムを開発し、「じっくり、楽しく、確実に」をモット-に「聞く・読む・書く」の各技能をバランスよく学んでいきます。3年修了時には800字程度の原稿の読み書きが可能になります。

タイ語コースの詳細はこちら

インドネシア語

インドネシア語は日本語に比較的近い言語で、学び易いと言われています。しかし、似ているが故に、思わぬところで間違った使い方をしてしまうこともあります。気を抜かず、順序を守り、丁寧に学習することが大切です。1年で音節の仕組みを理解した後は、ネイティブとの会話を通じて表現の幅をどんどん広げていきましょう。

インドネシア語コースの詳細はこちら

ベトナム語

最近、経済における相互交流が盛んになってきたベトナム。ベトナム語は、まず発音の基礎から学んでいきます。少々難しいところもありますが、ゆっくりと確実に身につけていきましょう。挨拶や自己紹介の表現を学びながら独特のリズムに慣れていきます。3年の授業ではインターネットや新聞記事の講読にもチャレンジします。

ベトナム語コースの詳細はこちら

現地研修

タイ語、インドネシア語、ベトナム語の現地研修は農業体験を軸としたフィールドスタディ。現地に入り、現地の生活をし、当事者としてその国を考えます。

パートナー校

● タイ ケマシリ高校 バンコク大学
● インドネシア セントヨセフ高校 バリ・ウダヤナ大学
● ベトナム ハイバーチュン高校

タイ現地研修

バンコクにあるケマシリ高校の生徒との交流では、「農業と環境」について話し合う他、バンコク大学への訪問も行います。
農園実習ではチェンマイ市の農村に行き、恵泉女学園の教授・学生とともに実習を行いながら、現地の生活習慣を学びます。

インドネシア現地研修

セントヨセフ高校で民族舞踊や楽器を用いて現地の生徒と交流したり、ウダヤナ大学で大学の授業に参加したりします。また現地で働く日本人を訪ね、インドネシアでの生活を伺います。
農園実習は、棚田で有名なバリ島の農村です。

ベトナム現地研修

ハイバーチュン高校では日本とベトナムとの歴史を学び、現地生徒と意見を交換します。
農業実習を行うフエ市では観光農園が盛んな地域であり、観光と農園との繋がりを学びます。

高大連携事業

本校では、高大連携事業として、神田外語大学・恵泉女学園大学・立命館アジア太平洋大学(APU)と手を組んで、さまざまな教育連携事業を通して東南アジア言語を学ぶ若者を積極的に支援しています。特にタイ語・インドネシア語・ベトナム語コースの生徒には、それぞれの大学の教授や学生たちから直に学ぶ機会をたくさん用意しています。

神田外語大学

言語力の向上における連携。
大学に伺い、学長や教授の特別講演や、授業体験、施設見学を行います。

恵泉女学園大学

農園実習の分野での連携。
教授や学生から農業や園芸の基礎を学び、フィールドスタディの実践へと繋げます。

立命館アジア太平洋大学

アジアのリーダーシップ教育の分野での連携。
教授による講演会を行う他、教授と学生を招いてワークショップを行います。

校外活動

タイ語・インドネシア語・ベトナム語コースの生徒は通常の授業以外の活動も積極的に参加します。大学での授業見学、ボランティア、文化体験などたくさんの経験を通して、自国の文化と他国の文化を学び、それらを発信できる力をもった、グローバルに活躍できる人材に成長します。

大学授業見学

高大連携校で連携している大学を訪問し、実際に大学生が受けている授業を受講します。学長や教授の講演を拝聴したり、大学生とお話をさせていただいたり、貴重な体験ができます。

ボランティア活動

タイ・ベトナム・インドネシアフェスティバル イベントスタッフ
代々木公園では年に一度、各国の大使館が主催した親交イベントが行われます。生徒たちは受付やごみの分別、映像作成などのスタッフとして活躍します。

文化体験

ガムラン教室:ガムランとはインドネシアの民族音楽の総称です。 毎月第2、第4土曜日にインドネシア語コースの生徒たちは、「音の森ガムランスタジオ」にてガムランを教えていただいています。
教わった民族音楽は毎年開催される「クロスカルチャー」で練習の成果を発揮します。

2014年11月26日更新

 KANTO INTERNATIONAL SENIOR HIGH SCHOOL

関東国際高等学校

〒151-0071 東京都渋谷区本町3-2-2
TEL.03-3376-2244 FAX.03-3376-5386

© KANTO INTERNATIONAL SENIOR HIGH SCHOOL. ALL RIGHTS RESERVED.

↑